藤岡篤子BLOG
CATEGORY : GIFT

ボニー・カシンへのオマージュ コーチ展示会

12月4日 コーチ展示会

coach1.jpg今シーズンのハイライトは、60年代を中心にコーチのデザイナーとした活躍した伝説のボニー・カシンへのオマージュ「ボニーコレクション」

60年代風のレトロなイラストは、ボニー・カシンのオリジナルスケッチというレア性の高いもの。スカイブルーやピンクのハッピーなキャンディカラーで、持つだけで
幸せ感が漂う感じ。いささかトートバッグには飽きたこの頃でも、この可愛らしさはちょっと欲しくなる。

.

.

co.jpgニューヨークのシンプルさを凝縮したようなスポーティなコーディネートもコーチらしい。もっと洋服も日本に入ればよいのにと思う。

お土産は、カシミアニットの裏張りの手首がすっぽり隠れる黒の革手袋。
これから、絶対に必要なものだけに嬉しさもひとしおでした。
CIMG6162.jpg

CATEGORY : GIFT

プラダ ミュウミュウ展示会

12月4日 終日展示会で表参道から青山を駆け回る一日

プラダとミュウミュウの展示会は、ファッションジャーナリストが全員集合するといってよいほどの賑わいを見せる。

Prada_SW165.jpgプラダ ~PRADA~
マイクロファイバー使いで、表面に皺加工したブラトップ付きのシャツとスカートのソフトスーツやパイソンプリントなど、魅力的なコレクションがずらり!
知り合いばかりなので、展示会と言っても顔見知りに出会っては、素材の面白さから、近況までお喋りに花が咲いて、ますます混み合っていく。

.

.

.

MIU_MIU08.jpgミュウミュウ ~MIUMIU~
今シーズンはの「プリミティブ」の解釈である過去の歴史に本質を探るアプローチが大評判。ミュウミュウのコーナーは人だかりが。ローマ、ポンペイの遺跡に落書きをした、、、どきっ!!あの事件への皮肉なのだろうか?いやいやそんな事は、、ピンクやポンペイレッドをスプレーされたモザイク画のプリントは女性の心を鷲掴みだ。

.

.

 

CIMG6239.jpgお土産は、ユーモラスな「カバのキーホルダー」首や足が動くのでキーと一緒に揺れて可愛い。

CATEGORY : GIFT

ルイ・ヴィトンとソフィア・コッポラ

12月4日
ルイ・ヴィトンとソフィア・コッポラとのコラボレーションの発表会とパーティ

Louis_Vuitton_SW590.jpgさすがルイ・ヴィトン。パーティはあの三つ星フレンチレストラン「ジョエル・ロブション」を丸ごと借りきりです。

前日の発表会も、「家に招いたような At Homeな雰囲気でもてなしたい」というソフィアの意向で、ロブションにアンティークの家具や小物を運び込み、パリの豪勢なアパルトマンのような雰囲気を創り上げて、その中に、さり気なくソフィアとのコラボ商品のバッグや靴などが展示してあった。

「ロースト イン トランスレーション」や「マリーアントワネット」で映画監督としても希有な才能を持つソフィアだけに、バッグや靴のデザインは、シンプルななかに、とびっきり新しさが輝くもの。うっかりすると定番と見まがうようなベーシックなデザインだが、彼女が住むニューヨークの洗練と合理性を漂わせたもの。
まだ、メディア解禁ではないので、見ていただけないのが残念!

.

CIMG6251.JPGソフィア自身の装いは、ルイ・ヴィトンのテーラードジャケットにフリンジのミニスカート。靴はコラボのサンダルでした。

お土産は、小さなモノグラムの写真ホルダー。夫と娘と一緒に来日したソフィアにとっては、家族の写真をいれてかならずスーツケースに入れている物なのかも。

CATEGORY : GIFT

Missoni の風呂敷!

ミッソーニ 11月25日

景気後退が著しいこの秋冬、久しぶりに東京でコレクションを開催した。
デザイナのアンジェラを始め、ミッソーニ兄弟が来日。残念ながら、ヤングセレブとして注目のマルガリータは来日せず。残念!
ミラノのコレクション時には、妹と一緒にカメラマンのフラッシュを浴びていたがマルガリータより、美しい!!妹に会場の目は釘付けだった。
ミラノコレクションのお土産は、カラフルなブランドイメージを逆手に取った黒い扇子。

東京のコレクションでは、期待通りミッソーニと染め抜いたカラフルな風呂敷。そして、自分がすわった席のクッション(お座布団)のお持ち帰りがお土産だった。
空席の分も持ち帰ってしまいました、、、。

missoni_huroshiki.gif

CATEGORY : GIFT

GIFT紹介~ステラ・マッカートニー

Stella McCartney ~ステラ・マッカートニー~

今年10月に青山に初の路面店がオープンした。
2ヶ月遅れで、ステラが来日、一泊二日の強行軍にもかかわらず、終始にこやか。友人のステファン(広報担当)が一緒だったせいか、リラックスして、「眠い」を連発したり、笑い転げたりと、まるでロンドンの友人宅に遊びに来たような様子だった。
ベジタリアンのステラだけに、パーティのプティフードも、肉、魚、ゼラチン使いはなく、野菜と乳製品中心が中心。シャンパン片手にアニマルフリーのフードも美味しかった。

お土産は「ステラ・トウキョウ」とミニさいころにカラフルに書かれた携帯ストラップとアロマキャンドル。ステラのシンボルカラーであるパープルの袋に詰められ、
開けると「わあ、カワイイ!」
招待状も、踊るサンタクロースが台紙に貼り付けてあった。

ちなみに2009年春夏のコレクション招待状はなんと本物の「ボイスチェンジャー」であった、、、。いったい何のために?? シートには子供用のクレヨンセットが置いてあったが、席に着く前に誰かに取られてしまっていた。残念!

CIMG6274.JPG

CATEGORY : GIFT

もらって嬉しいギフトをご紹介

11月から12月は春夏展示会のシーズン。
10月に発表されたコレクションの中から日本の市場に合う物がバイヤーの目によって厳選され、日本で展示会やコレクションショーが華やかに開催される。
ブランドの持ち味が違うようにギフトもそれぞれ個性的!この数週間の間に行われたパーティやショーでのメゾンのギフトをご紹介。

LOUIS VUITTON ~ルイ・ヴィトン~

表参道店の5階に世界最大クラスのメンズフロアをオープンしたルイヴィトン。
日本のメンズファッションの更なるアップグレードを狙ってカジュアルなセーターからビジネス対応のダークスーツまで幅広い品揃えだ。

お土産は、大人の余裕とたしなみを吸わずとも漂わせる最高級のハバナ葉巻。
専門家によると、葉が乾かないうちに味わうべき極上の品らしい。
リボンは渋いシルバーのLVのジャカード織りでさりげなく。

CIMG6031.jpg

2 / 212