藤岡篤子BLOG
CATEGORY : 今週のひと皿

節分過ぎても、まだ新年会

今年は太りそう、、(笑)
というか、すでもにもうかなり太ってきました(悲)

ある美しい人に相談したら「ファスティングしたら」とアドバイスされ
やはり、もう臨界点に達しているのかと

またまた悲しくなりました。

 

原因は単純です、、、

食べ過ぎなんです(笑)

 

新年早々 美味しい物ばかり戴き、やや胃拡張気味になってしまったのでは?
と思ったりしています。

新年早々大好きなHRのA氏や、S社のA嬢と白菜鍋をぱくついたり

1 1c1b

LのプレスSさんと漢方きのこ火鍋を戴き、旧交を温めたり(翌日まで元気もりもりでした〜)

2b2

凄くおしゃれなC社の5周年記念パーティに呼ばれたら
社員手作りのたこ焼きが、もう驚きの絶品だったり(理由は鰹だしとたっぷりの山芋らしく)
クリームのようにとろけていました。

粉物文化圏で育っていない私はたこ焼きを軽んじていたことを肝に銘じました。

3

週末には、ご近所のSさんからは「骨正月」に呼ばれて、鯛の骨をとった後の身をほぐして
錦糸卵とそぼろどんぶりにした物など、数多くの家庭料理を振る舞われ
お土産までいただき、翌日も、美味しいご飯を、、。

4

そろそろ本当に短期ファスティングをやろうと真剣に考えていましたが
最低でも前後を含めて5日間必要なのです。

その5日間がとれない、、。

少し暗くなりながら、向かった先週のイタリアンが実は素晴らしかったんです!

T社のPRのMさん、デザイナーのOさん、友人で
私にいつもナイスなアドバイスをくれるYさんと。

 

ヨーロッパに良くあるシェフズテーブルを借り切った個室
目にも美しく美味しい料理で、もの凄い量だったにも関わらず、完食!
全部お見せしたいくらいビジュアルも、ソムリエのサービスも格別だったのですが

温前菜の白子とアスパラガスのソテー
めちゃ美味しかったです〜

これだけでももう一度行きたくなります。

 

5

冷前菜はカニのカップに見事な卵黄が載せられ
しゃっきりと美味しい珍しいお野菜に囲まれていました。

6

もうこれだけで後に続くパスタやメインのお魚、お肉、
デザートのクオリティは想像できると思います。

美味しい物を戴くのは至福の時ですが
このカロリー、、どうやって消費すればよいのでしょうか?

皆様のアドバイスお待ちしています。

 

CATEGORY : 今週のひと皿

本日の一皿 THE GATEビーガンも良いです!

忙しい日に限って、いろんな事情が重なり、もう今夜しか空いてないので
遅くなるけど食事しましょう!というのがよくあります。

 

元(今も)ロンドンにお家がある、そして東京に活動拠点を移した
ニールズヤードの社長K氏から、いきなりの連絡。

 

「ひょっとして今ロンドン?」「はい!」

「明日 東京に帰るから今晩ご飯食べよう」

嬉しい!日本でも、なかなかお目にかかれない方からのお誘い。

 

でも今日は朝9時から、移動につぐ移動でドロドロに違いないのに、、
女心としてはシャワーでも浴びてから行きたいところですが
行きました!重い荷物抱えてキングスクロスからエンジェルまで!

食にうるさく、美味しいもの好きなK氏が選んでくださったのは、
今ロンドンで人気NO1のビーガンのレストランTHE GATE。

胃も疲れてるでしょうから、ベジタリアンで行きましょう!と有難いお心遣い

 

THE GATE  ロンドンで人気の若者向け雑誌「タイムアウト」でトップの人気になっていて、
かねてからK氏は気になっていたそう。

思ったより早くタクシーに乗れ、元パブだった名残を見せるカジュアルだけど
雰囲気のあるお店で、すっかりリラックス。

まずメニューをリサーチ。

1

ビーガンメニューにはVマーク。グルテンフリーには
Gマークなどわかりやすい配慮がされています。
2

MISO,TERIYAKIなどの言葉もちらほら!さすが文化遺産の和食のヘルシーさがここにも。
ウエイターにめちゃ勧められました。

もう、いつも食べてるってば、、!

3 3-1

メニューを見ながらガス入りのお水を取ったのですが、
聞いたことがないブランドだったので裏を見たら、

4 4-1

この水の利益を全部水事業に寄付していて、
これまでに100万ポンド以上寄付している会社だそう。

素晴らしい選択ですね。このレストランの意識の高さが伝わってきます。

 

まず、K氏はお店の強いお勧めにより、ナスの味噌田楽(にしか見えない)を。お味は意外にもスパイシーで、味噌田楽!?とは異なる味わい!エスニック風味で美味しかったです。

5

私は山羊のチーズをグリルしたもの。チリソースが付いていてピリ辛ですごく美味しい。
キヌアがひいてあります

6

メインはK氏はまたまたお店の強いお勧めで、ビーツのタルトを。

味見させていただきましたが、日本では考えられないほどフレッシュなビーツで、これは美味!ここでしか食べられないメニューです。

7

私はオーソドックスにタイ風のカレーにご飯添え
何か温かいものが食べたかったのです、、、

ロンドンに来て以来サラダしか食べていないから。
8

デザートはグルテンフリーのこれもまた強いお勧めに従ってストロベリーのメス、、
ようはメレンゲにストロベリーが入るパフェ風のものでした。

9

知りませんでしたが、ビーガンはお砂糖OKなんですね!

 

2人で一つ取ったのですが、甘くて食べられず、これだけは残してしました
ビーガンはコーラもOKなのでK氏によるとビーガンで太っている人も少なくないとのこと!
イメージが違って驚きました。

いつもお洒落で素敵なアインシュタイン似のK氏!
今日はお疲れとのことでした。そんな時に有難うございました
10

CATEGORY : 今週のひと皿

エルミタージュ ロシア料理

最近なにかと話題の代々木上原
素敵なロシア料理店を見つけました。

予約がは入らないと店を開けないという住宅街にひっそりと佇む
ロシア料理店「エルミタージュ

井の頭通りを行くとなにやらエスニックな照明に照らされた建物が雰囲気を醸し出します

1

1週間前から予約しないと食せない美味しいお店の常連は
三谷幸喜さんや阿川佐和子さんなどが何時も団体でいらっしゃるとか

福山雅治夫妻もいらっしゃるとかで
ひっそりとしているわりには、お客様は濃いメンバーのようです。

ここは新年会のメンバーの血縁のかたが営んでいらっしゃるとの縁で予約でき、
いそいそと出かけました。
決して派手ではない、小ぶりなレストランはナタリアさんが一人で切り盛りされています。
この日は友人3人の新年会!貸し切りでした。

ナタリアさん 美人です!

2 (1)2 (2)

オーナーのこだわりはアンティークと美術品で、収集したドアや棚に合わせて
内装を造作したというこだわりぶり!

ステンドグラスの扉や時計、ランプ 大正時代のものがほとんど、骨董尽くしです。

3 (1) 3 (2) 3 (3) 3 (4)

ビュッフェのリトグラフも!

4

とか何とかわいわい話している内にお酒を選ぶ時間です。

さすがにウォッカと言うわけにはいかないので
ロシアの白ワインをチョイス!

白ワインを持つ手は、FBコンサルタントで、最近著述業もベストセラーで作家!!としても
大活躍のT氏。

ロシアンワインは初めてでしたが、ナタリアさんに料理に合わせてチョイスして頂きました。
軽快でフルーティ、とっても美味しく飲みやすかった!

5 (1) 5 (2)

コースでお願いしましたが、リクエストも色々出来るそう。
今日は正統派で!

まず、ニシンの酢漬けとポテトサラダのミルフィーユというロシアを代表する一皿
ビーツの赤が効いています。

6

メインは壺焼きかボルシチを選びます。
壺焼きはパンの帽子を取ると濃厚なマッシュルームのクリームシチューが!

ボルシチはビーツのきいた家庭料理の味!暖か~い味です。

7 (1) 7 (2) 7 (3)

 

本場のピロシキは揚げていないと言うのを初めて知りました
お焼きみたいな感じですが、もちもちしてお肉たっぷりジューシー。

8

メインは正統にビーフストロガノフ サフランライス添え 丁寧なお料理です。

9

デザート代わりに饗された三種類のジャム。ラズベリーとルバーブ、マーマレード、
バラのジャム、バラ以外は全部手作り  驚くほど洗練された美味しさ!

10

パンも手作りでキメが細かく美味しくてお持ち返りしたほどです。

次回はメンバーを募って5~6人でワイワイ行きたいと思います。
3人でも充分うるさかったと思いますが、、。

CATEGORY : 今週のひと皿

TRAIN SUITE 四季島の発表会

最近何かと話題の豪華列車Train Suite四季島」の発表会が
東京ステーションホテルで開催されました。

展望車、ダイニング、ラウンジカーなどが付いて全室スィートの10両編成の特別列車。
2017年春からの開業を目指し列車デザイン、乗務員制服、
饗されるお食事などの解説を伺いながら

1

車両デザイン担当の奥山清行さん

2 (1)2 (5)

料理担当の中村シェフと岩崎シェフ

 

2 (2) 2 (3)2 (6)

ユニフォームを担当した滝沢直己さん

2 (4)   2 (7) 2 (8) 2 (9)

日本人として初めてミシュランの星を取った中村勝宏シェフの監修のもと、
総料理長 岩崎均シェフのコース料理を味わいます。

 

テーブルセッティングとメニューは、まだ企画中と言うことで
今回は東京ステーションホテルとJR 四季島都のコラボレーションです。

メニューは旅のコースによって、四季折々の地元の食材が使われるそう!
今回は山形県産オカヒジキが前菜に登場しました。

まず前菜は青森の寒平目の昆布締めマリネ
山形のオカヒジキと宮城の紅時雨の大根添え
新潟 南蛮海老のガトー仕立てに山梨のクレソンソース
のお国自慢の三品が並びます。

少なく見えますけれど、結構なボリュームがあり、シャンパンから白ワインが進みます

3

メインは仙台牛(国産ビーフでは唯一のA5ランクだとか)を2種
ブルギニヨンと網焼き 付け合わせのポテトがトリュフ風味で
たまらない香り!

この頃には重めの赤ワインに代わり、堪能!

4

デザートは栃木のスカイベリーとショコラ、東京烏骨鶏の卵と東京牛乳のアングレーズソース
苺たっぷりのデザートでした。

5

四季折々の、日本の食材を生かしたメニューはライトコースとは言いながら、
コーヒーを頂く頃にはもうお腹いっぱいの立派なボリューム。

この列車には檜風呂も設置されていて、内装も暖炉お座敷もあり
いたれり、つくせり!!

もう予約が始まっているそうです
一泊二日から、三泊四日のコースまで3種類の豪華な旅が用意されています。

皆さま是非ギャラリーを覗いてみて下さい

ご興味がある方は下記リンクからご覧ください

Train Suite「四季島」公式サイト

CATEGORY : 今週のひと皿

今週の一皿を振り返ってみると

展示会振り返ってみたら
やっぱり美味しいものをたくさん食べていました

全部は紹介しきれないので2015年後半に絞って
プライベートではなく展示会で美味しそうに並べられた
スイーツ達をまず御紹介しましょう!

日本でも最近はお洒落なケータリングが増えていますが
やっぱり食いしん坊NO1の座はまだミラノのようです。

まず展示会が復活したロロ・ピアーナは服同様上質な素材を使った。
シンプルで美味しいスィーツやフルーツなどが並び
食事抜きで走り回る私達のオアシスになっています。

1 (1) 1 (2) 1 (3) 1 (4) 1 (5)

ナポリのキートンはナポリの名物ドーナッツ風シュークリーム「ゼッポラ」が!
お土産まで頂きました。

2 (2) 2 (1)ドルチェ&ガッバーナはシシリーの伝統菓子にパニーニまで。
小腹が空いているときには本当に嬉しいです。

3 (2) 3パリはお水かコーヒーなど飲み物が主流。民族性がでます。
ミラノは絶対にフードがないと成立しない感じ。

代わりにお花はカジュアルに生けられています。

マルジェラのお花はコンセプチュアルなお洋服と補完するように
華やかでカラフル!(これは東京での展示会、パリではお花はなかったような、、)

4東京でもミラノブランドのケータリングは盛大です。
ブルネロ・クチネリはミラノでは、大ディナーパーティが開かれますが

東京の展示会もスナックでは負けていません

5 (1)  5 (3)5 (2) 5 (4) 5 (5) 5 (6)

イタリアが誇る発泡酒フランチャコルッタ
嵐山吉兆の小皿料理、京都吉富の美味しいお団子に

イル・ギオットーネのいくらのパスタ、
年代物が揃ったフランチャコルタを飲み比べ、ほんわか気分でした。

6 (1) 6 (2) 6 (3)

ファッションブランドは健康志向強し!
スムージー美味しかったです

7

英国のBLBGは英国調のマフィンとレモンティー

8 (2) 8 (1)

ロンハーマンはレモネード 後何かその場で作って頂いた、、パンケーキ?!
美味しかったような記憶が、、?

今年はこういったフルーツティが大流行ですね。

9 (1) 9 (2) 9 (4)9 (3)

アレキサンダー・マックィーンでは
クリスマスらしいクッキーやカロリーの高そうなケーキ、、でも美味しそうでした
遅かったので、手を付けなかったけれど、、。

10 (2) 10 (1)

エルメスでは新作小物に合わせて、こんなクッキーが!
私は大きいレモンを頂きました。

ついでにクリスマスディスプレイにも座ってみました!

11 (1) 11 (2) 11 (3)IMG_0525トミー・ヒルフィガーは、コレクションに合わせて、カリブのビーチバーを!

12マルニではクリスマスに合わせてイタリアのシュトレーンやチョコが山盛り!
すっかり和んで居着いてしまいました。

13 (1) 13 (2) 13 (3)

2015年内の展示会の締めはフェンディでした。
バッグとお揃いのこんなに可愛いスィーツが登場しました

可愛らしすぎて、手が付けられません、、!

14 (1) 14 (3)14 (2)

きっと2016年も素敵なパーティや展示会が
たくさん開かれるでしょう!

また美味しいもの通信をときおりいたしますね!

CATEGORY : 今週のひと皿

今週のひと皿 ニューヨークスタイルランチ@東京ステーションホテル

ニューヨークスタイルランチ@東京ステーションホテル

MaxMaraのランチパーティは、ニューヨークのミートパッキングエリアに
新規移転オープンするホイットニー美術館にちなんで、ニューヨークスタイル!

ナプキンやコースターはNYの地図、チェルシーマーケットのチョコも添えられているという細やかさ!

テーブルの上には見た目も美しいオリーブとプチトマトのマリネが!
シャンパンにぴったり〜!

最初のお皿はNYらしくオーガニックな山盛りのお野菜に生ハム、
サラミにチーズなどの大皿アンティパスタ!
これだけでもうお腹いっぱいになりそうなぐらい、量もバラエティも素晴らしい!

メインはビーフとチリビーンズのステーキパイ!
紙包み焼きですが、中からは肉汁たっぷり流れだし、とろーりステーキが!
美味しかったです♬

デザートはNYスタイルのチーズケーキ!たっぷりの新鮮なベリーソースを添えて!

NY尽くしで、何だかSATCのキャリーになった気分!

MaxMaraのプレゼンテーションも完璧でしたが
東京ステーションホテルの、ケータリングもワンランク上!

色々なホテルのお料理を食べましたが
ここのは、本当に美味しくてセンスがよいと思いました。お薦め♡

CATEGORY : 今週のひと皿

またまたリヨン料理@神楽坂

事務所の近くという事もあって、たびたびお邪魔する神楽坂のリヨン料理
ルグドゥム ブション リヨネで、ランチ。

最近はなかなか予約が取れないのですが、ランチは無事席をゲット!
今日は、某イタリアブランドのマネージメントに就任するIさんと
近況報告を兼ねて久しぶりのランチです。

今年は新年会が1月中続いている感じで、本当は体重SOSなのですが
ヘビーなものを胃が欲しているようで
正統派のリヨン料理
をチョイスしました。

 

まずリヨン風サラダ

サラダとは言え、ポーチドエッグを落とした厚切りのベーコン、
すり身のフライなどがレタスの上にモリモリ乗っている、
これだけでもお腹いっぱいのメイン風サラダです。

メインにはリヨンの名物料理ザリガニのクネル。
ザリガニのスープで取ったグラタンに、
はんぺん上の大きなクネルが2つ入っています

バターライスをからめていただきました。
さすがに、この辺りでお腹はいっぱい、、です。

あとは大好きなババとコーヒー
食べたあとのお喋りが、食事時間の2倍くらいでしょうか?
周りに人がいなくなったので、慌てて退散。

Iさん頑張って下さいね!

CATEGORY : 今週のひと皿

今週の一皿@リストランテHIRO

新年会が延々と続く今年は、お正月太りが解消せず、このまま行きそうな気配が、、
美味しいものばかりがバラエティに富んで一日おきぐらいのペースですから
まあ太ります、、、。

太っても良いわ、と思わせたのが今夜のメニュー@リストランテHIRO
ご一緒したのは、今年は「変革の年」を迎えるSビルのW氏。

何でも、ミシュランで、「食いしん坊が通う店」という項目が
今年から追加され、そこで紹介されているとか。

まず聖護院大根、海老芋、朝鮮人参かと見まがうほど根のはったほうれん草、
塩トマトより甘いトマトなど、めでたさ満載のお野菜が運ばれ、
最初の講釈?(説明)が。

次にメインになる熟成肉がうやうやしく登場!

1度の温度で30日熟成させたという肉塊。大きさに度肝を抜かれ
すでに口にはいる時を想像し、気分はうっとり!

乾燥させた楢の木で、熾火のように焼くとのこと!
というわけで、薪も一緒にプレゼンテーションです。

アミューズは、海老芋のフリットに黒トリフ掛け
手で食べるのですが、指をなめそうになるぐらい美味しかった~♬

何だかすごい量の特別コースで、日本の食材をイタリアンにアレンジした
絶妙な味や食感。

聖護院大根のパンナコッタの上にいくら乗せ、カワハギのカルパッチョ、
肝添えなど、その後もパスタを始め、続々と何皿も登場。憶えられず!

ワインはシャンパンから始まり、ピエモンテのバローロやトスカーナの白ワインなど
お料理に合わせて、バラエティと量の凄さで、飲めない私は気を失いそうでした、、。

真打ち登場

ミディアムレアに焼かれた肉塊、、ビーフの焼ける香りがあまりにも誘惑的、
もう早く食べたい!

淡路島の玉葱の丸焼きとともにいただきました

デザートは、手品のように窒素ガスと苺がテーブルの上で混ぜ合わされ
ねっとりのシャーベットに変身!初めての味でした。
この頃には、残念ながら、携帯はバッテリー切れ!

久しぶりのイタリアン 堪能しました!6時半に予約して
11時過ぎまでお喋りしてたなんて

5時間近くいったい何を喋っていたのでしょうね!?記憶が飛んでいます。
Happy Night

CATEGORY : 今週のひと皿

今週の一皿

シャトー飯店の白菜鍋は、私の大切な季節行事!

何しろ、白菜が美味しく漬かっていないと、出してくれない
寒い1月と2月の中旬くらいまでの季節メニューなのです

凍るような外気の中でよく漬かった白菜をお出汁に

ぷっくり膨らんだ大きな牡蠣、蒸して油を落とした豚肉、
蟹などを入れて食すのですが

これが美味しいの何のって!
もう、1月はこれなしでは始まりません

とは言え、開店早々新年に伺ったのは初めて!
「藤岡さん 今年の第一号ですよ!」とお店の方に言われて、
嬉し恥ずかしい気分、、、。

昨年より、色々とバージョンアップしていて
前菜もより美しいディスプレイに!
大好きな押し豆腐と胡瓜の和え物やクラゲ!!

いよいよお皿が運ばれ、一同ウォー!と歓声!
あまりの興奮に、お鍋やこれもまたバージョンナップした
デザートなど撮すのを忘れ、ただただ無心に食すのみ、、

ご一緒したのは、特に名を秘す美女2人(誰でも知っているから)。
パリやミラノを中心にファッション業界で活躍する
お二人のチャーミングな事と言ったら!

もう、ホスピタリティから話題の豊富さまで、聞き入るばかり。
またご一緒しましょうね~!

メンズは、ラフォーレ原宿の社長のA氏
サッカー現役で、シニアリーグ優勝チームに属し優勝時はミッドフィルダーでした!
社長になっても爽やか、いつまでもサッカー少年でいて下さい!

もう一人は、はるばるトリノから!矢野大輔さん
あのザックジャパンで、ザッケローニ監督の通訳を務め、
ブラジルワールドカップまでの4年間

寝食を共にした方です。
著作「通訳日記」が好評発売中。

北朝鮮での試合の話しなど、本には書けないことも、いっぱい聞いちゃいました!
やっぱり現場の話は面白~い!

最後に、新春かつ私の誕生日のお祝いを、していただき

おめでたい桃饅頭を(年の数だけではなくてほっ!)重ねて
花火を付けて、出していただき、本当に嬉しかった >^_^<

花火のように、弾けて楽しい2015年の始まりでした
今年も良いことがたくさんありますように!

1 / 1012345...10...LAST »