藤岡篤子BLOG
CATEGORY : 未分類

vinnies shopってなに??

先回訪れた時は気が付きませんでしたが

パディントンやサリーヒルズなど街々にあるのがvinnies shopです。

ショップには必ずDonations(喜捨、寄付)の郵便受けのような

ポストが付いており、そこから不要になった服を

いつでも入れられるようになっています。

だから売り物の原価がゼロなので、価格は恐ろしく安いのです。

街によって喜捨される内容が違うので、

高級住宅街のvinniesをチェックするのがポイントだとか

もちろんウインドーディスプレイも違います。

751.jpg

7 (2)18.jpg

7 (3)6.jpg

自国の産業を保護するために輸入規制をかけているオーストラリアでは

それほどファッションに対する要求は高くないようで、やっとZaraやGAPが

開店したところ。

お店に入ってみましたが時間帯の関係か

パリや東京のように混でいず、むしろ閑散とした印象でした。

それにマーケットやvinniesに較べると当然のことながら高いし

みんなそれほどブランドやトレンドに固執していない感じ受けました。

vinniesではこんなブックもだしているほど

若い年代には受け入れられています。

モデルがやや太めというのもご愛敬 きっとボランティアですね。

839.jpg

8 (4)4.jpg

8 (3)5.jpg

服を上手に丁寧に扱って、飽きたら次の人に譲り、また安い価格で

次のモノを選び出す。

肩肘張ったリサイクルではなく、ごく自然に生活の楽しみとして

ファッションが循環しています

同じようなモノでサルベーション アーミー(通称サルべ)がありますが

こちらは救世軍のような感じで、やはりDonationで成立しています。

Sちゃんが着ているドレスは3ドルのvennies!

8 (2)16.jpg

モデル休業中で世界を旅しているSちゃんはスタイル抜群

何を着ても似合うとはまさに彼女のことでしょう

1025.jpg

サルベで真剣にドルチェ&ガバナ風ドレスを検討している私、、、確かこれは

高くて20ドルぐらい??

1132.jpg

結局こんな素晴らしいドレスを手に入れました

40年~60年代に黄金期を迎えたロンドンのデザイナー

ノーマンハートネルの殆ど手を通していないドレスです。

彼はエリザベス女王の服も作り、王室御用達(ロイヤルワラント)の

デザイナーで一世を風靡しました。

ツィッギーもこのような服を着ていた写真がありました。

きゃ~嬉しい~!

1227.jpg

12 (2)8.jpg

ファッションに小難しい理屈はいらないと思いますが

ユニクロやH&Mなどクオリティの高いベーシックや買いやすいトレンドものが

すぐ手に入る日本では考えられないシステムですが

ビクトリアンから70年代まで一同に品揃えされているvenniesを

見ているとファッションの命の長さを思い、「使い捨て」と言う言葉の

軽さが心に突き刺さりました。

シドニーって奥深い!!

CATEGORY : 未分類

「オリエントの秘密」 シャネル

オリエントと西洋が交錯するヴェネチアを訪れたマドモアゼルは、

その美しさの虜になり、

「なぜ、私が創るものは全てビザンチン風になってしまうのだろう?」と

幾度も嘆息したといいます。

921.jpg

会場にはタンジールを連想させる、
たわわな実をつけた大きな
タンジェリンの樹が

ファインジュエリーの守り神のように
置かれています。

それだけでエキゾチック!

 

 

 

 

 

ココ・シャネルが愛した真珠カメリアがネックレスやペンダント指輪に!
美しくないものには価値がないという無言の教えが漂っています。
10 (5).jpg

 

1124.jpg

シャネルが素敵なところは
プレスリリースなど細かい招待状や
印刷物などにも一貫した
美意識が働いているところです。
シャネルの招待状やリリースは
何時までも取っておきたい
美しいものが多くて

私の仕事場はますます
夢の島と化しています。

CATEGORY : 未分類

17時の千駄ヶ谷。時ならぬ人だかりにまた人が群がり

カリフォルニアのセレクトショップ「ロン ハーマン」がいよいよオープン。

以前サザビーリーグスがあった場所がそのまま、ロンハーマンに変わりました。

オープニングパーティは業界全体の人が集まった感じ

17時過ぎに行ったら入るのに大変なほどの混雑。

道行く人も「あれはなに?」「セレブってやつ?」などと日本とは思えない

会話を小耳にはさみました???

流通関係からクリエイター、ジャーナリスと、スタイリストもう全員集合

とても引いて撮影できる状況ではありません。

6 (2)24.jpg

652.jpg

ショップのクリエイティブディレクター三根さん(左)と

ビームスの設楽さんとロスの担当者

三根さんには伊勢丹のリ・スタイルの時、とてもお世話になりました

素敵なお店ですね!おめでとうございます。

741.jpg

西海岸らしいお気楽な夏服がとっても素敵で

特にマキシドレスなど大人っぽくて、抜群のセレクト!

エスニックなプリントやクロッシェドレスは今夏のトレンドですが

子供っぽいものが多く、大人が着る物が少ないなあと思っていたら

ここにありました。

829.jpg

8 (2)13.jpg

ゆっくり見て、試着したかったのですが

もう凄い人波に流され、あっという間に友人のいるカフェへと

瞬間移動

カフェは色んな椅子やテーブルで構成された居心地の良い友人の家みたいです

918.jpg

ちなみにカフェの入り口に置いてあったこのお誕生ケーキ

シンプルなデザインで美味しそう&かっこよかったのですが、

生クリームを指でなめる不心得者が後を絶たず!まったく!

1017.jpg

カフェも大混雑で、開店30分で早くも品薄状態。

ベリー類などの果物、サラダ、パスタ、

サンドイッチなどが一口サイズにパッケージされて

ディスプレイされています。

好きなものを好きなだけ取って、なごやかティータイムです。
1122.jpg

11 (2)4.jpg

コーヒーショップはダイナーみたいなレトロな雰囲気

1219.jpg

カリフォルニアだけにサーフボードを始め、サーフファッションも揃っています。

日本のデザイナーも品揃えされていますが、

このコーナーには男子が詰めかけていて写真は無理でした。

1312.jpg

お土産は有機のアロエソープとボールペン

石鹼の種類はいろいろあったよう。

出口で「おれもこういう店作ろうと思ってるんだ」という会話が聞こえました。

きっと一度はチャレンジしたいと思わせるチャーミングな店なのでしょうね。

開放的でカジュアル、でも大人の品位のあるこういうお店

本当に待っていました。

13 (2)2.jpg

CATEGORY : 未分類

本日のセレブリティ

女優の来場は珍しくありませんが、
ハリウッドの大物男優の来場は珍しいです。

ジョルジュ・アルマーニ
では、
「世界でもっともセクシー」といわれる
ジョージ・クルーニーが来場しました。

レッドカーペットでは、いつもアルマーニのタキシードを愛用しています。
恋人のが一緒です。
でも会場の反応がすごくて、「ジョージ」と叫ぶ声があちこちで!!
セレブ慣れしているジャーナリストにもファンが多いのでしょうか?
興奮ぶりにびっくり。プレスの人も大興奮の面持ちです

隣にすわったミーガン・フォックスがかすんでしまいました
112.jpg

CATEGORY : 未分類

Older.プレスルームは美味しいコーヒーが

プレスルームはミラノやパリに比べると小さく、
地元のファッション関係者が多いので
ほかの都市に比べると、年齢層はぐっと若くなります。

いつもコーヒーや美味しい温かいお茶が飲め、軽い昼食もいただけます。
カウンターのお姉さんは愛そうがよく、
ショーの合間にはうってつけのなごみどころです。

16.jpg

プレスルームにはそれぞれのデザイナーの先シーズンの見どころが一枚づつ
絵葉書のようになって張られ、キャプションまで付いています。

例えばバックステージにセレブが来たなど。
21.jpg

これがプレスルームがあり
メイン会場になっているサマセットハウスです。
入口は地位様美術館の入り口にもなっており、
ゴッホ展が開かれていました。
32.jpg

ショー会場に来ている人はロンドン独特のファッションが多く、
ミラノやパリとは全く違う装飾性と
目立つのが素敵という感覚。
それから今シーズンはボンシックなクラッシーな感じも新鮮でした。
43.jpg54.jpg

最後は私が宿泊しているMAYFAIR HOTELです。
お部屋は広くて素敵なのですが、ネット環境が今一つで
このブログも一体いつ頃開通するのは心配です。
P9180174.jpg

ではまた、次のロンドンレポートをお楽しみに!

CATEGORY : 未分類

ローラ・アシュレイとイーリーキシモト

英国大使館で開かれた展示会は,ローラ・アシュレイらしく
英国調の落ち着いたスタイリングに
イーリーキシモトのプリントが用いられ,何とも可愛いく育ちの良さが漂います

イーリーキシモトはキャシャレルの担当デザイナーとして
2シーズン活躍しましたが久々の登場です

08-1.jpg

08-2.jpg

08-3.jpg

イーリーさんの独特のカラフルなデザインはインテリア、
小物雑貨,もちろんにもテキスタイルにも
クッションもトートバッグもカラフルなのに,落ち着きます

09-1.jpg

09-2.jpg

お土産はイーリーキシモトのテキスタイルを使ったトートバッグです
モダンでありながら暖かみがあって,大好き!即翌日から使いました

10.jpg

CATEGORY : 未分類

ため息が出るほど女らしい LOUIS・VUITTON

God Created woman」神は女性を作りたもう。
と言う言葉で始まるリリースは
今シーズンのヴィトン全てを言い尽くしています。

50年代女優からインスピレーションを得た
フィット&フレアの気品溢れるシルエットが中心です。
50年代のブリジット・バルドーの主演映画の音楽がBGMに流れる中
グラマラス成熟した往年のモデル達が今シーズンのLVのショーの
白眉でした。

LV_11.jpg

中でもフィナーレを飾ったのは、
90年代「ザ・ボディ」と謳われた完璧で健康的なグラマーである
エル・マクファーソン
スーパーモデルの先駆けです。アラフォーで二人の子供もいます。
大人の洗練と成熟が匂い立つようで、
若い激やせモデルちゃんにはない魅惑が漂っていました。
彼女が着たドレスも展示されていました。

胸元は複雑なコルセットやドレープで強調され、優美でグラマラス
クラッシックなデザインをモダンにに見せるのは、
LVアトリエのクラフツマンシップが生み出す
テキスタイル
の大胆さです。

LV_3_1.jpg
シンプルでクラッシックなドレスほど、手に取るとびっくりするほど
凝ったジャカードになっています。
異なる大小ジャカードが同系色でさり気なく組み合わせてあったり、
ジャカードとプリントの組み合わせで、不思議凹凸感のある素材が
部分的にアップリケしてあったりオートクチュール顔負けの素材使い。

LV_4_1.jpg

アランニットのようなセーターは50年代ハリウッドの
セーターガール」を思わせる身体にぴったり付くサイズ!
何と白いスパングルで編まれていました。
どうりでショーの時、アイボリーのニットはモールヤーンなのかな~?
輝いてるなあ~!と思っていました。

LV_5_1.jpg

レザーもたくさんでていましたが、ジャケットは薄くなめした皮の
ボンディングです。

LV_6.jpg

バッグは1930年代にトラベルアクセサリーとして作られた
スピーディ」がインスピレーションとなって
様々に再解釈されています。
モノグラムのメタリックジャカードや
フロッキーの上にスパングルの刺繍など、多用なラインナップです。
クラッシックなシングルハンドルフラップ(蓋カバー)が付いて、
ハンドバッグとして提案されているのが今シーズンの特徴です。
さり気なく、クロコダイルオーストリッチが部分使いされているのも
LVらしいこだわりです。

LV_7_11.jpg

モノグラムは今シーズンとても重要でカーフのバッグには型押しも登場
しています。

LV_8_1.jpg

大きなリボン使いのチャンキーヒールのパンプスは、
ヒールが異なる3サイズが提案され可愛いハート型のシューズキーパー
が必ず付いてくるのは、マークのアイディアだそうです。

LV_9_1.jpg

ルイ・ヴィトンのお土産はモノグラム模様の金太郎アメ!
切り口がモノグラムになっていました。

LVcandy1.jpg

CATEGORY : 未分類

「ローズ ぺーシュ」誕生の秘密

日本女性のために開発されたバラの香りのご紹介です。
幻想的な香の秘密は何とゆず

bottle.jpg

ローズ ぺーシュ」誕生の秘密

発売したのは1991年マリー・エレーヌ・ロジョンによってパリに創立された「バラの香り専門」の香水メーカー

リッツカールトンホテルで開かれた新しい香の発表会はまるで身内だけを呼んだ親密なお誕生会のようでした。

実際、新しい香水の誕生を祝って、バースディケーキがおかれ、クリエイターのマリー・エレーヌ・ロジョンがろうそくを吹き消したり、ケーキが振る舞われたりと発表会と言うより、和やかなアフタヌーンティにご招待戴いたような感じでした

CIMG8911.jpg

パルファン・ロジーヌ・パリはここに来て日本でも急激に人気が高まり
百貨店でも特別なコーナーにおかれたりしています

リッツカールトンのパーティルームもまるでブティックのように飾り付けられ
カラフルな房飾りがついたボトルはみているだけでうっとりするほど気品が漂います

CIMG8914.jpg

窓辺のディスプレイもミッドタウンのグリーンに映えるバラブーケが飾られます

CIMG8912.jpg

「ローズ ペーシュ」は日本人桃(ぺーシュ)のような柔らかな美しい膚イメージして作られた香り。

マリーの別荘のバラ園で昨年の夏一番に咲き誇った「アルフォンス・ドーデ」と「オノレ・ド・バルザック」と19世紀のフランスの偉大な作家の名前が付いたバラが基調になっています。

rose.jpg

CIMG8919.jpg甘く漂う優しいピーチの香り、繊細ピンクのバラ色は日本女性にぴったりのイメージだったそうです。

マダム マリー・エレーヌ・ロジョンは、この香りを創り出すため、調香師とともに日本を旅し、一年半の歳月をかけ誕生させました

高貴エレガントな香りの秘密は、トップノートゆずピーチの軽やかなフルーティな香りです。ミドルノートはパルファン・ロジーヌ伝統のバラジャスミンの香り、ラスト香木ホワイトムスクの少しなまめかしい香りが続きます

CIMG8915.jpg

CIMG8987.jpgそのふんわりと甘く香る香水は、ピンクのリボンがかけられた可愛いパッケージに包まれて、嬉しいお土産にいただきました

CATEGORY : 未分類

第一回「4都市コレクション速報講演会」大盛況の御礼

まずは、ご報告とお御礼です

10月27日に開催しました第一回の f プロジェクト主催「4都市コレクション速報講演会」には大勢の方に御来場いただき、お陰様で大盛況の中で終わることができました。
心より御礼申し上げます

f-proj057.jpg

オーストラリアの自然化粧品ジュリークの協賛で、皆様に天然ジャスミンを贅沢に使った新製品のボディクリームのプレゼントハンドマッサージのサービスが会場で受けられるなど心地よい香りがCCレモンホールを包み、まさに五感を刺激するファッションにふさわしい雰囲気が漂っていました

2回目は11月11日(水)東京明治安田生命ホールで、の部との部(トレンド編のみ)を開催予定です。ジュリークの協賛も続きます

2010年春夏のコレクショントレンド全身で感じ取るチャンスです

プラダルイ・ヴィトングッチドルチエ&ガバナなど人気メゾンのDVDもたっぷりご用意致しました

ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリの2010春夏コレクションのトップトレンド臨場感溢れる映像で、是非ご自分の目でご確認下さい

会場でお目にかかれるのを楽しみにしています。 

f プロジェクト 藤岡篤子

4都市コレクショントレンドセミナーのお申込はこちらから

3 / 512345