藤岡篤子BLOG
CATEGORY : 未分類

知る人ぞ知る「定評名品」ガイド ボッテガヴェネタの洗練ワンピース

2016年8月7日発
Precious8月号 掲載

知る人ぞ知る「定評名品」ガイド
ボッテガヴェネタの洗練ワンピース

p01%e8%a1%a8%e7%b4%99 p153

CATEGORY : 未分類

早くも気になるPrefall2016速報 ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです。

寒い寒いと言っていたら、いつの間にやらPrefall2016が開幕
先日までの2016SSで埋まった脳を切り替えつつ、
2016SSからの流れを踏まえながら、可愛い物をピックアップ!

現在はChanel,Burberry,Fendi,See by chloeなどが発表されています

早速ですが、やはり秋冬に欠かせないチェック
特にモノトーンのブロックチェックはコート、シャツにも登場
最も定番的なチェックですが、使いかた、アレンジに期待がかかります

see-by-chloe-pre-fall-2016-lookbook-25
シー バイ クロエのこのコートはファーや黒のブラウスとの合わせが
可愛いらしく、ダブル調のジップ使いで新しい感じがします

_A2X0016 04-mm6-prefall-2016

ここ数シーズンはシアー感のある素材がトレンドですが、
ブラックのシアー素材ドレスが目立っています
切り替えに柄で表情を変えるのがポイントでしょうか!?

19-fendi-pre-fall-2016
see-by-chloe-pre-fall-2016-lookbook-20burberry-prorsum-pre-fall-2016-025

uccie的にグッと来たのがデニムセットアップ
ちょっと男らしい着こなしにポージング、ポケットに手を突っ込むのが流儀

金ボタンや赤ステッチにベーシックとは少し異なるアレンジが効いています

burberry-prorsum-pre-fall-2016-015 see-by-chloe-pre-fall-2016-lookbook-30

フェミニンな流れだと、このラッフルビッグスリーブ
フリルなどで非常にあま~い着こなし、カラーもあま~く

04-fendi-pre-fall-2016 see-by-chloe-pre-fall-2016-lookbook-06

いやいや、甘さよりスポーツだ!という方には
トリコロールなライン使いを推したいです、16SSにも登場したジャージトップスは
果たしてトレンドとなり得るのでしょうか…

burberry-prorsum-pre-fall-2016-001

本日はここまで!現状ブランドも少ないので、非常にぼんやりとした流れですが
マニッシュ、フェミニン、スポーツとどれも期待大!

uccie目線ではございますが、prefall速報をしていきたいと思います!

CATEGORY : 未分類

16ss を彩るのはハッピーレインボー~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです!

16-17awのFTFセミナー、2016ssのトレンドセミナーと続き
非常に慌ただしいシーズンが終了し、ようやく落ち着くことが出来ました。

セミナーへのたくさんのご出席、誠にありがとうございました!

さてさて、落ち着きを取り戻したところで改めて2016ssを振り返ってみると
真っ先にハッピーで活気に溢れたコレクションと感じました。
そのおかげか、嵐のようなシーズンを元気な気分で乗り切れた気がしました!

uccie的にそのハッピー感の象徴として推したいのは「レインボー」

今年の象徴的なコレクションと言ってもいい、chloeのパステルなレインボーは
イチオシ、バックステージではモデルもついついハッピーな気分に

他にもクロエではマキシのスリップドレスにレインボーが
エスニック色が強すぎず軽やか~でかわいいです

CHLOE Paris fashion week Ready to wear Spring Summer 2016

地上の楽園のカリブ海に旅立ったTommy Hilfigerもトロピカルなレインボー
ビーチやリゾート感の醸し出す雰囲気はまさにハッピー
色鮮やかなパッチワーク、ストライプでのレインボーは16ssのエスニックの主役

色鮮やかなコレクション!という点で外せないのはミラノのMSGM
得意のカラーブロッキングはアシンメトリーに重ねたり、グランジ感のあるフリンジで演出

4 (1)MSGM_SS2016_press (8)

ロンドンのChristopher Kaneもフリンジやケミカルなカラーでレインボー
レースシャツドレス×無造作なスプレーカラーやランダムなフリンジは自由な感覚で素敵です

DSQUARED2はネオンカラーやテープ使いにスパンコール
独特な雰囲気でのリゾート感

6 (1) 6 (2) 6 (3)

フィナーレも実に鮮やか
6 (4)最後に未来はハッピーで溢れている(?)ということでANREALAGE
フラッシュが当たると、柄が浮かび上がるというギミックのコレクション

実際の虹のように、一瞬浮かび上がった万華鏡柄のレインボー
一番この目で見てみたかったコレクションですね

7 (2)7 (1)

さて、uccieが選んだ16ssのレインボーは如何だったでしょうか?
今シーズンはより、軽やかでハッピーだったり、リゾート感だったり
無造作なフリンジやストライプなど、様々なレインボーカラーが登場しました。

来シーズンはリオ五輪ということもあり、中南米ファッションのような
ハッピー感溢れるカラー使いがトレンドになりそうなので
是非レインボーカラーを取り入れてみては如何でしょうか!?

 

 

 

 

CATEGORY : 未分類

シャネル2015秋冬 美術館がブラッスリーに!

丸ノ内にある三菱一号館美術館で開催されたシャネルの2015秋冬の展示会です。
格調高い「三菱一号館美術館」は、丸ノ内最初の洋風建築として、明治時代に建てられた
(旧)三菱一号館を三菱地所(ジョサイア・コンドル設計)が2010年にレプリカ再建したもの。

全館に19世紀後半に英国で流行した古典主義の
優雅なクイーン・アン様式が用いられています。

天井が高くて、重厚なウォルナットの木造、それだけでもうっとりな気分ですが
パリコレクションと同じようにブラッスリーの演出がされていて
なんと床はパリと同じように全部モザイク床に貼り替えてありました!

この気合いの入れよう!さすがシャネルです。

エントランスで出迎えてくれたのは、今シーズンの代表作4点です
ギャルソンルックがイブニングにも!
ブラッスリーのようにコートハンガーまで、随所においてありました

リボンを織り込んだツィードの身頃に、シルバーのテープを絡ませたブレードで、
ナポレオンノットをデザインしてあり、シャネルは、
近くで見ればみるほど、テキスタイルの凄さが迫ってきます。

袖はキルティングを施してありますが、黒の小さなリボンでマーキングしてあります
カフスはツィードという、凝ったトリミング!

各所にブラッスリーらしいソファーが設けてあって
モデルさんの代わりにマネキンがポージング!
ヘアスタイルも、モデルと同じ黒いヘアリボン

テーブルにはお茶のセットと共に、アクセサリーやバッグが飾られています。

このバッグ!!!ショーで見た時は、本物の食器に見えましたが
やっぱり本物の陶器製でした!
このユーモラスで遊びの精神に満ちた発想こそ、カール・ラガフェルドの真骨頂です!


奥に入ると、人気アイテムが勢揃い。

この秋冬はウール、カシミア、ニットがずらりと揃います
英国調メンズパターンや伝統的なチェックもウールにつけられ、クラッシックな印象に!
スカートはロングタイトが今季のシャネルの提案です。

英国調のジャケットにフェザーのスカート、、、!このコーディネートのバランスは凄い!

ワイルドな毛足のモヘアのマキシコートに、スェードのブラウス。

オーガンジーレースにカラフルなスパンコールで刺繍ジャケットを
ラメにセーターの上に着て、キラキラが透けています
大人のゴージャス!!

キラキララメのチェックコートにはニットドレスを合わせて、軽やかに!
ニットドレスは色違いも。

ジャケットのコーディネートも素敵です。
ジャケットにエナメルフリルのトリミング

カメリアをジャカードでレリーフにしたニットベストやラメ入りカーディガンなど
カジュアルだけどシャネルらしいニットが、たくさん提案されています。

ゆっくりお茶でも飲んで、もう一度ショーの動画もみたかったけれど
次の時間が迫っていたので、美味しそうなレモネードも飲めず、、残念!
でも、シャネルの世界しっかり堪能しました。

CATEGORY : 未分類

スポーツグラフィック? ルイヴィトンvsプラダ 

スポーツグラフィックが最も効果的に提案されたのはミュウミュウです
見ているときから、可愛くて可愛くてもう大絶賛状態!!

ボマージャケットベンチウォーマーコートなどスポーツアイテムを
フローズンパステルのメタリックジャカードで仕立て、肩に大きなカラーブロッキング

今シーズンNo1の可愛いスポーツガールでした

マークバイMJでも新生英国チームのアトリエの手によって、英国の80年代
スーパーアイドル「スパイスガールズ」のジンジャーをアイコンにとった
コレクションが披露されたのですが

これはモトクロスを思わせるスポーツウエアのオンパレードでした
80年代って、そういえばロゴブーム?!

プラス 日本のアニメ 忍者もモチーフでしたが、、。


実はこれフィナーレにマークが履いてきたジーンズ

とは言え、スポーツを感じさせないトリミングもたくさん出ています
例えばプラダ

ドイツ前衛主義がテーマなので、スポーツの軽快さより、
軽量素材使いでさえ重厚さが漂います。

オーガンジーレザートリミングやアフガンラムのファートリミングという重さが
矛盾した組み合わせが魅力的!!

ついでながら
シアー素材をレイヤードにしているメゾンは幾つかあって

ロンドンで今回インスタレーション形式で見せたTOGA
オーガンジーをレイヤーしています

肩幅の広いグレイのテーラードコートやジャケットには、
ゴールド黒のムートンの縁取りでアクセント
クラッシックを彩る存在感の強いトリミングこそ、この服の主役です。

よく見るとレザーとムートンの両方がひとつのコートに使われています

シープスキンコートは全身カラーブロッキングと言って良いほど
カラーアクセントが決め手

赤、紫、黄色と黒との強烈なコントラストを見せます
ゴールドも登場

30年代のアールデコと70年代調をミックスしたドレスには
ゴールド、シルバーのレザーテープでトリミング!

曲線と直線の世界をクールに引き締めます。

パリではニコラ・ジェスキェールによる新生ルイヴィトンはコレクションの
ほとんどがトリミングやブロッキングによってデザインされています

でもスポーツではなく、すご~くレトロな、近未来的な感覚
これはこれで凄く不思議な可愛らしさで、ずっと見ていると
ニコラの迷宮
に迷い込んだような腑に落ちるような落ちないような

本当に不思議な感じでした。

会場はシャッターを上げた朝の自然光でしたが
それすら人工的に見せるパワーがニコラには備わっていそう!

何しろオープニングから革のコートの上襟だけつや消しのオーカーブラウンが付けられるなど黒のアクセントがブロッキングでもトリミングでも用いられています

ジンジャーベージュのスカートにピンクベージュのトップスという
ニュアンスカラーの組み合わせでも、黒のトリミングが

効いてモダンアートのよう!

70年代を思わせるレザーのブロッキングトリミングはコートややジャケットに施されて
懐かしさが近未来にも見えてきます。


ドレスやスカートにはレザーだけではなく、プリントやニットも異素材ブロッキングです
革は光沢、マット、スェードと様々な表情で駆使されています。

革をあらゆる角度から検証したようにも思えます。

よく見ると襟だけリブニットだったり!予想を上回る異素材組み合わせ


そういえば懐かしいツィードジャケットもフィールドジャケットのような
メンズ調のブロッキングで復活しています。

こんなに革尽くしのコレクションはヴィトンと言えども初めてではないでしょうか?
黒い革トリミングと言うワンパターンに陥りがちなクセのあるアクセントを逆手にとって

スポーツ全盛のシーズンにあえて70年代!
プラダもルイヴィトンも70年代! ひょっとして今振り返るべきは「失われた70年代」?

最後にルイヴィトンのコレクションでもフロントロゥでもプラダを着ている
アナ・ウインタ-
をご覧下さいませ!

ちなみに、向かって左隣の赤毛の女性は、
70
年代からヴォーグ誌でヘルムート・ニュートン等と組んで
優れたファッションシューティングをした名物編集者グレース・コディントン

親子のようにも(失礼)見えるけれど、実際は6才違い!

CATEGORY : 未分類

ディオール 色の魔術 フラワーウーマン 

フラワーウーマンとはディオールが昔から使っている言葉で
ディオールの女性像の事

今季はフラワーウーマンがリアリティとファンタジーの狭間で表現されました

まず会場のロダン美術館の周りには
かなり余裕を持って行ったのに、もうすごい人だかりで、いったい誰を待っているのやら?

今回はパリにリアーナが来ていたのでその情報で集まったのでしょうか?

会場に入ると前回とは一転して、デジタルなLEDライトの天井が
お花畑のように作られています。

ファーストルックは、伝統の黒のニュールックからスタート
黒のスーツ、コートのアンサンブルへと続きます

テーラードのパンツスーツも、深いボトルグリーン、ベージュ、ブルーなどで続きますが
定番の色にカラフルなコバルトブルーや、コバルトブルー、イエローのミンクストールを手に持って、全体の
カラーアクセントにしています。

カラーコントラストが小粋です!

さすが、ラフ・シモンズ


続いて登場してきたのは、カラフルレイヤードのドレス

ジャンバースカートとドレスの重ねですが、このカラーコントラストもラフらしい!
ディオールの伝統的なアイテムやシルエットを生かしながら
ラフ・シモンズらしさを差しこんでいます


今回はス二―カーの紐レースアップして見せる
面白いディテールが出ています

先シーズンはスティレットヒールにスニーカーの紐使いを見せましたが
今回は、
ボディフィットしたシルエットのサイドに、白いひも状のレースアップ

 

 

ナイロンのキルティングは、トップスにもスカートにも用いられましたが
ディオール伝統の
カナ―ジュ柄です
ピンクや赤が、品良く見えます

 


ピンクのアストラカンのコートや、ボトルグリーンのイブニングドレスなど
カラーがいっぱい!

トリコロール使いも独特の配色です
今回はストールも多く使われていました

イブニングドレスもカジュアル。
白いTシャツに砂金をまぶしたような
ギャラクシーなラメがキラキラ光るエプロンドレスや
ランニングドレスが重ねられて

 

ディオールを見ると本当にパリコレクションを見たという、実感がします。
パリの伝統とモダンを融合
させた、現在のパリコレクションの縮図の様なものだからでしょう!

 

CATEGORY : 未分類

vinnies shopってなに??

先回訪れた時は気が付きませんでしたが

パディントンやサリーヒルズなど街々にあるのがvinnies shopです。

ショップには必ずDonations(喜捨、寄付)の郵便受けのような

ポストが付いており、そこから不要になった服を

いつでも入れられるようになっています。

だから売り物の原価がゼロなので、価格は恐ろしく安いのです。

街によって喜捨される内容が違うので、

高級住宅街のvinniesをチェックするのがポイントだとか

もちろんウインドーディスプレイも違います。

751.jpg

7 (2)18.jpg

7 (3)6.jpg

自国の産業を保護するために輸入規制をかけているオーストラリアでは

それほどファッションに対する要求は高くないようで、やっとZaraやGAPが

開店したところ。

お店に入ってみましたが時間帯の関係か

パリや東京のように混でいず、むしろ閑散とした印象でした。

それにマーケットやvinniesに較べると当然のことながら高いし

みんなそれほどブランドやトレンドに固執していない感じ受けました。

vinniesではこんなブックもだしているほど

若い年代には受け入れられています。

モデルがやや太めというのもご愛敬 きっとボランティアですね。

839.jpg

8 (4)4.jpg

8 (3)5.jpg

服を上手に丁寧に扱って、飽きたら次の人に譲り、また安い価格で

次のモノを選び出す。

肩肘張ったリサイクルではなく、ごく自然に生活の楽しみとして

ファッションが循環しています

同じようなモノでサルベーション アーミー(通称サルべ)がありますが

こちらは救世軍のような感じで、やはりDonationで成立しています。

Sちゃんが着ているドレスは3ドルのvennies!

8 (2)16.jpg

モデル休業中で世界を旅しているSちゃんはスタイル抜群

何を着ても似合うとはまさに彼女のことでしょう

1025.jpg

サルベで真剣にドルチェ&ガバナ風ドレスを検討している私、、、確かこれは

高くて20ドルぐらい??

1132.jpg

結局こんな素晴らしいドレスを手に入れました

40年~60年代に黄金期を迎えたロンドンのデザイナー

ノーマンハートネルの殆ど手を通していないドレスです。

彼はエリザベス女王の服も作り、王室御用達(ロイヤルワラント)の

デザイナーで一世を風靡しました。

ツィッギーもこのような服を着ていた写真がありました。

きゃ~嬉しい~!

1227.jpg

12 (2)8.jpg

ファッションに小難しい理屈はいらないと思いますが

ユニクロやH&Mなどクオリティの高いベーシックや買いやすいトレンドものが

すぐ手に入る日本では考えられないシステムですが

ビクトリアンから70年代まで一同に品揃えされているvenniesを

見ているとファッションの命の長さを思い、「使い捨て」と言う言葉の

軽さが心に突き刺さりました。

シドニーって奥深い!!

CATEGORY : 未分類

「オリエントの秘密」 シャネル

オリエントと西洋が交錯するヴェネチアを訪れたマドモアゼルは、

その美しさの虜になり、

「なぜ、私が創るものは全てビザンチン風になってしまうのだろう?」と

幾度も嘆息したといいます。

921.jpg

会場にはタンジールを連想させる、
たわわな実をつけた大きな
タンジェリンの樹が

ファインジュエリーの守り神のように
置かれています。

それだけでエキゾチック!

 

 

 

 

 

ココ・シャネルが愛した真珠カメリアがネックレスやペンダント指輪に!
美しくないものには価値がないという無言の教えが漂っています。
10 (5).jpg

 

1124.jpg

シャネルが素敵なところは
プレスリリースなど細かい招待状や
印刷物などにも一貫した
美意識が働いているところです。
シャネルの招待状やリリースは
何時までも取っておきたい
美しいものが多くて

私の仕事場はますます
夢の島と化しています。

CATEGORY : 未分類

17時の千駄ヶ谷。時ならぬ人だかりにまた人が群がり

カリフォルニアのセレクトショップ「ロン ハーマン」がいよいよオープン。

以前サザビーリーグスがあった場所がそのまま、ロンハーマンに変わりました。

オープニングパーティは業界全体の人が集まった感じ

17時過ぎに行ったら入るのに大変なほどの混雑。

道行く人も「あれはなに?」「セレブってやつ?」などと日本とは思えない

会話を小耳にはさみました???

流通関係からクリエイター、ジャーナリスと、スタイリストもう全員集合

とても引いて撮影できる状況ではありません。

6 (2)24.jpg

652.jpg

ショップのクリエイティブディレクター三根さん(左)と

ビームスの設楽さんとロスの担当者

三根さんには伊勢丹のリ・スタイルの時、とてもお世話になりました

素敵なお店ですね!おめでとうございます。

741.jpg

西海岸らしいお気楽な夏服がとっても素敵で

特にマキシドレスなど大人っぽくて、抜群のセレクト!

エスニックなプリントやクロッシェドレスは今夏のトレンドですが

子供っぽいものが多く、大人が着る物が少ないなあと思っていたら

ここにありました。

829.jpg

8 (2)13.jpg

ゆっくり見て、試着したかったのですが

もう凄い人波に流され、あっという間に友人のいるカフェへと

瞬間移動

カフェは色んな椅子やテーブルで構成された居心地の良い友人の家みたいです

918.jpg

ちなみにカフェの入り口に置いてあったこのお誕生ケーキ

シンプルなデザインで美味しそう&かっこよかったのですが、

生クリームを指でなめる不心得者が後を絶たず!まったく!

1017.jpg

カフェも大混雑で、開店30分で早くも品薄状態。

ベリー類などの果物、サラダ、パスタ、

サンドイッチなどが一口サイズにパッケージされて

ディスプレイされています。

好きなものを好きなだけ取って、なごやかティータイムです。
1122.jpg

11 (2)4.jpg

コーヒーショップはダイナーみたいなレトロな雰囲気

1219.jpg

カリフォルニアだけにサーフボードを始め、サーフファッションも揃っています。

日本のデザイナーも品揃えされていますが、

このコーナーには男子が詰めかけていて写真は無理でした。

1312.jpg

お土産は有機のアロエソープとボールペン

石鹼の種類はいろいろあったよう。

出口で「おれもこういう店作ろうと思ってるんだ」という会話が聞こえました。

きっと一度はチャレンジしたいと思わせるチャーミングな店なのでしょうね。

開放的でカジュアル、でも大人の品位のあるこういうお店

本当に待っていました。

13 (2)2.jpg

2 / 512345